料理教室失敗談Cafe

初心者に気をつけてほしい選び方!

失敗しない料理教室選びと、ライザップクックのご紹介

みなさんは料理教室選びで失敗したことはありませんか?

料理が上手になりたい!新しいレシピを習いたい!と意気揚々と料理教室に足を運んでみたものの

先生が自演してでしゃばって生徒はほとんど料理に携われなかったり
5人ほどのグループで取り組むので担当できる工程が少なかったり
期待して行ってみたら勧誘ばかりで、レッスン時間はほんの僅かだったり‥

そういった失敗経験は誰しもあるかもしれません。
そこであなたにとってピッタリの料理教室を選ぶための選び方をお伝えしたいと思います。

失敗しない料理教室選びとは


まずは次の2点を確認することから始めましょう。

1.ご自身の料理の腕前を知る
料理教室は初心者歓迎~ベテラン歓迎のところまで様々で、初心者が知らずのうちにデキる人向けの教室に行ってしまうと目も当てられません。ご自身がどのレベルなのか、包丁すら握ったことがないのか、週1回ぐらいは料理をするのか、はたまた主婦歴10年のベテランなのかで異なってきます。

2.ご自身の目指すゴールを考える
あなたのゴールは何ですか?魚を扱えるようになること?レパートリーを100種類増やすこと?パンや洋食が得意になること?1ヶ月分の献立を考えられること?健康的な食事を作れるようになること?人それぞれ目的が異なり、それにあった教室を探すことは大事なポイントとなります。

主にこの2点を確認して、そして大事なのは予算に合った料理教室に行き、無理なく継続できることです。

ライザップの料理教室「ライザップクック」

そこで、お金をあるていど出せる方におすすめしたい料理教室としてライザップを挙げておきます。残念ながら現在は東京のみでオープンしていますが、あなたの腕前がどうであろうと、ゴールが何であろうと、自在にアプローチできる教室となっているのです。

ライザップクックの様子を公開しているブログもあるので、チェックしてみると良いでしょう。

ただしデメリットとして料金の高さが挙げられます。この料金が払えるようなら検討してみると、安い料理教室に行って失敗するようなことは避けられるはずです。

一例としてこのような料理を学べるようです。
油淋鶏・ガレット・ドリア・天ぷら・煮込みハンバーグ・豚の角煮・パエリア・3色炊き込みごはん・里芋の土佐煮・鶏の治部煮…etc..