料理教室失敗談Cafe

初心者に気をつけてほしい選び方!

講師と生徒のバランス、同じレベルの料理の腕前で集まったほうがいい

すべての料理教室がそうとは限りませんが、私が行った料理教室は講師の方一人に対し十二人でして、それを三グループにわけ四人一組で調理することになりました。料理は基本的なもので夕食をつくるだけです。お味噌汁に肉じゃが、小鉢二種。お米は教室のほうが用意してくれていました。

まず基本的な話を先生がされ、配られたレジュメを見ながらいざ調理開始。料理がそこそこできた方はすいすいと調理をしていましたが、包丁がぎこちない方は先生に指導されながらの調理していきます。できる方はいいけど、そうでない人は一人ではありません。教室内を忙しなく動く先生の様子に、そこそこ料理ができる私は疑問に思っても先生に声をかけることができずレジュメを参考に調理しました。

できた料理は美味しかったです、一人前じゃなく家族分のコツを教えてもらったのも嬉しいですが、指導らしい指導は結局されていないと気づきちょっともったいないことをしたなぁというのが本音です。何かを学ぶために行くのです。決してレシピを参考にわいわいと集まって作るだけじゃありません。

あと、どういう人を対象に設けられたのかしっかりとチェックしてから申し込もうと思いました。料理初心者と自炊されてる方ではだいぶ料理の腕前が違います。その両者が混ざると料理教室としてうまく機能しないことを痛感しました。