料理教室失敗談Cafe

初心者に気をつけてほしい選び方!

時間がかかって料理レッスンの時間がとれないと覚えられない

今回は、私が1年間某料理教室に通ってみて思った、料理教室の不満についてお話したいと思います。

まず、解説に多くの時間を費やしているため、メインである実践の時間が少なくなってしまうことです。これにより、周囲に遅れをとってしまうと非常に焦りますし、場合によっては先生がお手伝いをしてくれることもあります。

料理教室に通う醍醐味は、料理が苦手な人や普段料理をしないけれどもしてみたい、できるようになりたいという人のためにあるものです。しかし、これでは肝心の「手を動かして身に付ける」という行為がすっぽり抜けているため、料理教室に通う意味がないとも言えるでしょう。当然、料理教室で出来なかったことを家で出来るかと言うと、言うまでもなく不可です。

それから、先ほどのことと少し重なりますが、前もって先生が材料を計って準備してあることが多いことです。これも時間の短縮のためだと思われますが、家で作る時は全て0からやらなければなりません。その作業を抜きにして料理は始まらないにもかかわらず、またも肝心である最初の部分を生徒にやらせないというのは、料理教室の都合であると考えられずにはいられません。

私は料理が全く出来ないため、焦った挙句、料理教室に通うようになりました。しかし、料理教室で作ったものを家で作ろうとすると、時間ばかりかかってなかなか上手くいかなかったのです。これは、上記のことが関係しているのではないかと思います。料理を自分のものに出来るような料理教室があれば是非通いたいです。